自作経験者が語る!自作pcが起動しないときの5つ対処方法

自作PC
スポンサーリンク

せっかく作った自作pcが起動しないと、悲しいですよね。パソコンのトラブルにはいろいろな原因が考えられるため、具体的にどのようなことを確認すればいいのかお困りではないでしょうか。そんなときの対処方法を解説していこうと思います!

スポンサーリンク

原因を絞り込むために最小構成で起動させてみよう!

最小構成というのはマザーボードにCPUとメモリだけで起動させて、BIOSが起動できるどうかの確認方法。この方法でわかることは、原因が絞り込むことができる。

では、最小構成で起動できる場合と起動できない場合の対象方法に解説していきます。

最小構成で起動できる場合

最小構成で問題なくパソコンが起動するのであれば、その後の作業で不具合があると思います。

考えられる起動しない要因

  • モニターに配線はきちんとされているか
  • ハードディスクなどのストレージにSATAケーブルと電源ケーブルは配線できているか
  • グラフィックボードはきちんと差し込まれているか

最小構成で起動できる場合は、ケアレスミスなことが多いので初歩的なことでも確認しよう!

最小構成で起動しない場合

マザーボード、CPU、メモリどれかに問題がある。

自作pcが起動しないときはここを確認しよう!

電源を入れてもモニター画面が真っ暗な場合

・配線がうまくできていない

DVIケーブル
↪︎モニターが真っ暗の場合の多くのが、モニターに出力する配線(HDMI,DVIケーブルなど)がきちんと刺さっていないことがよくあります。映らない場合は一度、ケーブルを外してもう一度差し込んでみましょう。
それでも改善されない場合→起動はするが数秒で落ちて再起動を繰り返す場合に移動

マザーボードのLEDランプが点灯している場合

マザーボードLEDランプ
LEDランプが点灯している場合、LEDランプはどのような色になっているか確認しよう。オレンジ色が通電している状態。電源を入れて緑色に光り、モニターに画面が映れば正常起動。
LEDランプの点灯の仕方はマザーボードによって違うので、マザーボードの取扱説明書を見て調べよう!

 

・点灯していない場合

電源ケーブル

点灯していない場合、電源ケーブルの配線がきちんとされていないことがあるので一度確認しよう!
どの対処方法しても改善されない場合は、電源の故障か電源の初期不良が考えられるので販売店かメーカーに問い合わせしましょう!

BEEP(ビープ)音で原因を確認する

電源を入れたときにビープ音の音で起動しない原因を確認することができます。
ビープ音の種類
  • 正常起動→ピッ(短いビープ1回)
  • メモリ検出エラー→ピー+ピピッ(長いビープ1回+短いビープ2回の同じパターンを繰り返し)
  • グラフィックカード検出エラー→ピー+ピピピッ(長いビープ1回+短いビープ3回)

メモリが半刺しになっていないか、グラフィックボードを取り付けているならきちんとマザーボードに取り付け出来ているか・補助電源を付け忘れていないか確認しよう!

※ビープ音はメーカーによって音の種類が違うことがあるので必ず、マザーボードの取扱説明書を読むことを推奨します。

起動してもすぐに電源が落ちる場合

CPUクーラー電源

起動してすぐに電源が落ちてしまう場合は、CPUクーラーのファンが回っているかどうか確認しよう。

ファンが回っていないとグリスが塗られていても熱暴走を起こすため、CPUファンの配線を確認しよう。

逆にCPUのグリスの量が少ないと、こちらも熱暴走を起こす可能性があるため、一度CPUを外してグリスを塗り直そう。

起動はするが数秒で落ちて再起動を繰り返す場合

起動するが数秒で落ちて再起動を繰り返す場合は、マザーボードのBIOSバージョンが古い状態で最新のCPUで起動してしまうとこの現象が起きてしまいます。

対処方法としては、BIOSのバージョンを最新のバージョンにアップデートしないといけません。しかし、これをするにはマザーボードと同じ時期に発売された古いCPUを使ってパソコンを起動させて、BIOSのバージョンを最新のバージョンにアップデートした状態で元の状態に戻して再度、起動させれば改善されると思います。

少し難しいので、もう少し詳しく例を出しながら解説すると、

マザーボードはCPUの世代が新しくなるとそれに対応するために新製品を出すか、マザーボードのBIOSアップデートをします。

例えば、新しいCPUが6月発売され、マザーボードも6月に発売されたとします。

ここで、CPUが世代は同じで、CPUのアップグレードのために新発売したとします。

CPU新発売マザーボード

この時点なら、CPUのアップグレードのためにCPUを新しく買い替えてもマザーボード側でBIOSアップデートで対処できます。

ですが、もし新しいCPUと古いマザーボードの組み合わせで自作すると…。

↑このように、古いマザーボードは新しいCPUに対応出来なくて再起動を繰り返します。

この状態に陥ってしまうと、マザーボードの発売時期に出たCPUでBIOSアップデートするか、マザーボードを買い直すしか手段がありません。

なかなか稀なケースですが、もし自作PCを安く作ろうと考えている人は要注意です。

私も経験したこの現象にどう対処したのか?

この現象になってしまう一番の要因は、上記でも紹介したパーツの相性問題です。私もこの現象になってしまいました。

CPUとマザーボードの相性も考えず、予算を削るためにパーツを買ってしまってパソコンが起動しないことで悩みました。自作パソコンを作るのも慣れてきたときにやってしまったミスです…。

このときどうやって解決したのかというと、あらゆる可能性を1つずつ潰していきました。ですが、どれをやっても改善されませんでした。

そこで試したのがパソコン工房のワンコイン診断というパソコン専門店がやっているサービス。
自分では解決できないから専門家に任せました!ということです。
このワンコイン診断というのはとても良いサービスだと思います!
【やってくれること】

  • メモリの相性チェック
  • グラフィックボードの相性チェック
  • 電源ユニットが壊れていないかのチェック
  • どこがおかしいか親切に相談に乗ってくれる

4つ目は、知識に自信がないときついですが親切に相談に乗ってくれるのでとても安心感がありました。

最終的に分かったのが、マザーボードのバージョンが古くて起動出来なかったことがわかり、
マザーボードを新しく買って無事に起動することが出来ました!

こういったケースに陥らないためにも、マザーボードとCPUは慎重に選びましょう!

マザーボードとCPUの選び方をこちらの記事で詳しく説明してます!

関連記事:【自作経験者が語る】マザーボードの選び方を初心者向けに解説

関連記事:【自作経験者が語る】CPUの選び方を初心者向けに解説!

まとめ

今回の内容をまとめると

  • ケアレスミスがないかもう一度、配線を確認しよう!
  • パソコンが起動しないときは、最小構成で起動させてみよう!
  • マザーボードとCPUの相性は買ってから後悔しないために考えて選ぼう!
  • CPUにはグリスをきちんと塗ろう!
  • パソコンが起動しない原因が分からないなら、ドスパラパソコン工房などでワンコイン診断してもらおう!

自作pcが起動しないトラブルは、自作する上で必ず当たる壁ですがそこがまた面白いところだと思います。
分からないことがありましたらコメント又はTwitterなどで質問してください。
それでは、今回はこの辺で良きパソコンライフを!

LINEで送る
Pocket

コメント

タイトルとURLをコピーしました