HDDとSSDどっちを選ぶべき?自作PCのストレージ構成の考え方と選び方を初心者向けに解説

キーボード HDD・SSD
スポンサーリンク

ストレージというのは、パソコンを使う上で必須になるデータを保存する場所です。パソコンに内蔵されているのが内蔵ストレージ、外付けハードディスクやUSBメモリーを外部ストレージといいます。ではストレージの基本となるHDDとSSDについて説明していきたいと思います。

スポンサーリンク

HDDとは

HDDはハードディスクドライブの略でよくハードディスクと呼ばれます。データやアプリケーションを電磁ディスクに書き込み、読み書きする記憶装置です。

HDDのメリット・デメリット

メリット

  • 容量が大きくても安く買える

デメリット

  • 衝撃に弱い
  • 動作音が大きい、うるさい
  • SSDよりデータの読み書きが遅い
  • 消費電力が多い

SSDとは

SSDはHDDと同じ記録装置で、半導体素子メモリを使った記録媒体です。ハードディスクのデメリットをすべて無くし、読み書きを高速にしたのがSSDです。近年、SSDの容量が大容量になってきたことにより急速に普及してきました。

SSDのメリット・デメリット

メリット

  • 読み書きの速度が速い
  • 衝撃に強く、作動音が無く静音
  • 消費電力が少ない
  • HDDよりサイズが小さくて、軽い

デメリット

  • 容量が大きくなると、HDDより値段が高くなる
  • 故障するとデータの読み込みが出来ないため、データの救出ができない

HDDとSSDの速さはどれくらい違うのか

私が使っているHDDとSSDそれぞれ速度を比較してみました。

ゲーム保存用に使っているHDD。

こちらもゲーム保存用に使っているSSD。

見方としては赤丸がしてある横の数値を見てもらえば良いのです。上記のHDDとSSDの数値を見てわかることは、HDDに対してSSDは5倍の速度があることがわかります。

HDDとSSDの速度の違いは分かりましたか?つぎはストレージを選ぶときの注意点について解説していきます。

ストレージを選ぶ際の注意点

OSインストールはSSDにしよう!

パソコンを買ったり、自作したりすると最初に必ずOSのインストールがあります。OSというのは、Windowsのことです。HDDかSSDどちらかにインストールするときは、SSDにインストールしたほうがいいです。なぜかと言うと、パソコンが起動する速さが段違いに違うからです!

こちらの比較動画がわかりやすいと思います。左がSSD、右がHDD。

HDD場合

  • OSの起動に40秒ほど
  • SSDと比べて2倍以上の起動時間がかかる

SSD場合

  • OSの起動に20秒
  • HDDと比べて起動時間が速い

 ◯ OSインストールにはSSD一択です!

用途に合うストレージ選びをしよう!

HDDとSSDの速度について解説してきました。ストレージは組み合わせ次第で用途が変わってきます。なのでおすすめの組み合わせを紹介します!

SSD+HDD(構成例:256GB+1TB,2TB以上)

SSDにWindowsをインストールして起動を速くしたいアプリやゲームをSSDにインストールし、動画や写真、大容量のゲームなどをHDDに入れると効率よくデータの保管ができる。一番おすすめの組み合わせ。この構成ならストレージ容量が少なくなっても増設することができるため、初期費用が安くすることができる。

ストレージのまとめ

  • HDDは大容量で安価だが、動作する速度が遅い
  • SSDは動作する速度が高速で耐久力も高いが、容量が大きいほど値段が高くなる
  • Windows OSやゲームインストールにはSSDがおすすめ
  • 大量の写真や動画などの大量のデータ保存にはHDDがおすすめ
  • HDDとSSDの組み合わせによって自分に合った容量が選ぶことができる

自分に合った容量・予算を考えてストレージは選ぼう!
電源編へ

おすすめ記事

LINEで送る
Pocket

コメント

  1. Kyong Budke より:

    Awesome write-up. I’m a regular visitor of your site and appreciate you taking the time to maintain the nice site. I’ll be a frequent visitor for a really long time.

タイトルとURLをコピーしました