【自作経験者が語る】マザーボードの選び方を初心者向けに解説

マザーボード
スポンサーリンク
スポンサーリンク

マザーボードとは

マザーボードはCPUやメモリなどのパーツを組み込むためのメイン基板です。

パソコンの基本となるパーツであるということですね。どのCPUを選ぶかによって対応するマザーボードの種類が変わります。

チップセットについて

チップセットは別名、ブリッジと言われています。

その理由は、繋がれている機器の橋渡しをする役割を担っているということです。例えば、CPUで処理したデータを各機器に送ったり、管理行ったりしています。チップセットによってパソコンの性能が変わってきます。

CPUソケットについて

CPUソケットはCPUを取り付ける土台になる部分です。ソケットにはいろいろと規格があり、CPUとチップセットが合わないとパソコンは動かすことができません。

マザーボードを選ぶときの注意点

用途に合うマザーボードを決めよう

ハイエンドクラスのCPUを選んだならマザーボードも性能が良いマザーボードを選択する。パソコンをどのような用途で使うのか、CPUに合った規格のマザーボードを選ばなければならないです!

CPUの詳しい記事こちら→【自作経験者が語る】CPUの選び方を初心者向けに解説!

自分が使っているモニターに接続できる端子があるか確認しよう

現在では、映像を出力する端子はほとんどの場合ありますが、ローエンドやミドルレンジなどの低スペックを作る際は要注意!無いと別途でグラフィックボードを買わないと、映像出力ができない!という状態になる可能性があります。

ブログ主もサブPC組む際に、買ってから端子が無いことを気づいてマザーボードを買いなおすという事態になったので接続端子の有無は必ず確認しましょう。

マザーボードの大きさを決めることでPCケースも決まる!

マザーボードの大きさはフォームファクタと言いい、大きさには3つあります。ATX、Micro-ATX、Mini-ITXなどあります。この3つの規格はPCケースを決める際にとても重要なのでひとつずつ説明していきます。

ATX

最も一般的なのがATX

メリット

・種類が豊富で、値段も安い物が多い

・ゲーミングパソコンなどのハイエンド用として使われることが多いため人気

・大型グラフィックボードの搭載にゆとりがある

・接続する端子の数が多い

デメリット

・サイズが大きいため、コンパクト化はできない

Micro-ATX

ATXよりも小型化された規格

メリット

・ATXより小さいためケースをコンパクト化できる。場所をとらない

・大型のケースと小型のケースどちらでも組み込むことができる

デメリット

・ATXより種類が少ない

・端子の数がATXより少ない

Mini-ITX

超小型パソコンを作るための規格

メリット

・物凄く小さなパソコンが作れる

・机の上に置いても場所をとらない

デメリット

・値段が割高になることが多い

・端子が非常に少ない

・拡張性がない

・種類が少ない

おすすめメーカー

ASUS

国内、世界ともにとても大きな誇るPCパーツ、スマートフォン等を取り扱う大手メーカー。読み方は、「ASUS」(エイスース)。ASUSの読み方は人それぞれで、「アスース」や「エイサス」などありますが2012年10月に「エイスース」に統一されました。ですが、日本での正式名称は「アスース」ですが、どの呼び方でも通じます。ちなみに、ブログ主はエースース派です。

ASUSは人気の高いブランドメーカーで、お店や通販サイトで常に上位をキープしている。それだけ信頼と安心のあるメーカー。ブログ主もPCパーツのほとんどがASUSである。ASUSは、ゲーミングPC向けに「ROG」というブランドを出し、非常に高性能なマザーボードやグラフィックボードが人気なってきています。

MSI

PCパーツを主に取り扱っており、世界的に有名なメーカー。

特にマザーボードやグラフィックボードがトップクラスの生産量を誇っています。読み方はそのままでMSI(エムエスアイ)。赤色の盾の中に龍が描かれているのが印象的ですね。

e-スポーツで活躍しているプロゲーマーのチームのスポンサーしているのでゲーミングPCを自作する人にはとてもおすすめ。

GIGABYTE

PCパーツを専門的に取り扱っているメーカー。

マザーボードやグラフィックボードなど中心に生産している企業。

読み方はそのままで、「GIGABYTE」(ギガバイト)。GIGABYTEの有名なマザーボードはAORUS(オーラス)シリーズ。ゲーミング専用マザーボードで、めっちゃ光る。上記の2社も光るマザーボードはありますが、オーラスシリーズは光物が多いためパソコンを光らせたい人におすすめです。

おすすめマザーボードをメーカー別に紹介

ASUS ROG STRIX Z390-F GAMING おすすめ☆☆☆

ASUSの「ROG」ブランドが出している第8世代・第9世代CPU対応ATXゲーミングマザーボード。

ゲーミングマザーボードでトップクラスの人気を誇るこちらのマザーボード。メモリスロットが4スロットにPCIe(グラフィックボードを刺す場所)が2スロットなど拡張性が非常に高い。左上のI/Oパネル部分が光る。光る部分はASUSの公式サイトからダウンロードできるソフトで、光り方を操作できる。色鮮やかに光るためとてもかっこいい。ブログ主が一番おすすめマザーボード。


MSI MPG Z390 GAMING PLUS

MSIの第8・9世代CPU対応のゲーミングマザーボード。

ゲーミング用のマザーボードは値段の相場が2万円台なのが多い。ですが、このマザーボードは約1万5千円ほどで買えるため安く買える。この価格帯で、拡張性性、機能性は普段使いとして十分。ゲーミング用としても非常におすすめ。


GIGABYTE Z390AORUS ELITE

GIGABYTEのAOROUSシリーズから出している第8・9世代対応のゲーミングマザーボード。

このマザーボードは上記の2社と同じぐらいのスペックですが、特徴的なのが左上のI/Oパネルが一体型になっているところ。I/Oパネルは別名バックパネルと言って、取り付ける際にアルミで出来ているバックパネルの型をPCケース取り付けてマザーボードをはめ込みます。

ですが、このバックパネルがとてもはめずらい。慣れれば簡単にはめることができますが、初心者の方はなかなかはめれないと思います。ブログ主もこのパネルには苦労しました。マザーボードを取り付けてからバックパネルを取り付けていないことに気づいて、もう一度マザーボードを外して取り付けた苦い思い出があります。

ですが、このマザーボードは一体型になっているのでそのまま取り付けることができます。その点だけでもとても良いところですね。他にも特徴的なところは、マザーボードのAOROUSの文字とマーク、メモリスロットの部分が光ります。GAGABYTEの公式サイトでソフトをダウンロードすることで光る部分の設定ができます。見た目重視、コスパ重視の方におすすめ。

GIGABYTE Z390 AORUS MASTER ATX ゲーミングマザーボード ブラック [Intel Z390チップセット搭載] MB4594

メモリ編へ続く

おすすめ記事

LINEで送る
Pocket

コメント

  1. Jacklyn Ocasio より:

    Hello there. I discovered your site by way of Google while looking for a comparable topic, your website came up. It appears good. I’ve bookmarked it in my google bookmarks to visit then.

  2. Hello, yeah this article is truly pleasant and I have learned lot of things from it concerning blogging.
    thanks.

  3. Write more, thats all I have to say. Literally, it seems as though
    you relied on the video to make your point. You clearly know what youre talking
    about, why waste your intelligence on just posting videos to
    your blog when you could be giving us something informative to read?

  4. Bert より:

    Excellent beat ! I would like to apprentice even as you amend your site, how can i subscribe for a blog
    web site? The account aided me a appropriate deal. I had been tiny bit
    acquainted of this your broadcast offered
    vibrant transparent concept

タイトルとURLをコピーしました