【自作経験者が語る】デスクトップパソコン選び方。おすすめパソコンも紹介します! 

パソコン
スポンサーリンク
スポンサーリンク

デスクトップパソコンのメリット

このブログを読んでくれているあなたは、デスクトップパソコンのメリットはなんだと思いますか?

ゲームが快適に遊べること?動画やブラウザがサクサク動くこと?動画編集すること?などやはりデスクトップパソコンのメリットはこれらのことがすべてできてしまうことです。ですが、性能が上がれば買うパソコンの値段も高くなってしまいますよね?そこで、なるべく安く自分に合ったデスクトップパソコンを選ぶためのご説明をしていきたいと思います!

デスクトップパソコンの種類

デスクトップパソコンにはいろいろな種類があります。家電量販店で売られている構築済みのパソコン。

だいたいの人はこのパソコンを思い浮かべるでしょう。他にもBTOパソコンや自作PCなどあります。ここでは、BTOパソコンと自作PCについて説明していきたいと思います。

BTOパソコンとは

BTOパソコンとはBuild To Orderの略で、「受注生産」を意味します。

一番のメリットとしては、自分でパーツを選んでカスタマイズができること。しかも自分で組む必要はありません。さらにメーカーのサポートや保証が付いていることがほとんどなので自作するのは怖いなとか自分でパーツを選びたい方におすすめ。

自作PCとは

その名のとおり自分でパーツを買って自分で組み立てることです。

自作PCのメリットとしてはBTOパソコンより安く買えることです。自分で組むためメンテナンスやカスタマイズができます。

ですが、デメリットとしては知識がいるのとすべて自己責任であることです。メーカーのサポートが受けれないことがあるので少し上級者向けです。

自作PCは初心者向けに記事を書いていますので自作PCに興味がある人はチェック!

記事 【初心者必見!】覚えておきたい自作PCの基本用語まとめ

デスクトップパソコンを選ぶ際のポイント

デスクトップパソコンの大きさで選ぶ

デスクトップパソコンのサイズは、手のひらサイズのミニ型から拡張性が高いタワー型までさまざまなタイプがあります。

一番サイズが大きいタワー型は種類が豊富で、内臓できるパーツが多いため、カスタマイズ性が高く高性能なパソコンを求めている人におすすめです。ですが、デスクトップパソコンを使うには設置する場所が必要です。事前に設置できるスペースがあるか確認が大切です。また、スティック型の小型パソコンという物があり、ノートパソコンより小さく軽量でありながら、デスクトップパソコンの操作性を備えているのが特徴的です。ノートパソコンよりもっと軽量化して持ち運びたい人や置く場所がなくて困っている人におすすめです。

高性能スティック型PC

ストレージで選ぶ

ストレージとは、パソコンのデータを保存するところです。HDDやSSDのことを指します。

HDD(ハードディスク)とSSD(ソリッドステートドライブ)にはそれぞれメリット・デメリットがあります。HDDは、大容量で価格が安いため動画編集やゲームなどの大容量のデータ保存をたくさんする方におすすめです。ですがHDDは、磁気や振動に弱かったり、書き込む音が大きいなどのデメリットがあります。

SSDはHDDよりデータの読み書きが高速で、HDDのデメリットの駆動音がなく、音が静かで振動や衝撃に強いのが特徴があります。デメリットとしてはやはり値段が高いことです。SSDは、1TBが安くて1万円~1万5000円するのに対して、HDDは1TBが約5000円程で2~3TBが6000円~8000円で買えることがあるため少しコスパが悪いかもしれません。SSDはパソコンの起動やゲームのロード時間を短縮したい方にはとてもおすすめ。

CPUの性能で選ぶ

CPUは人間の頭脳に当たるもので、パソコンのデータを処理している重要なパーツです。性能が高ければ高いほど処理能力は速くなります。動画編集やゲームなどする方にはハイスペックなCPUが搭載されているデスクトップパソコンをおすすめします。

グラフィックボードで選ぶ

グラフィックボードは、ゲームの映像を出力する、映像をきれいに映すためのパーツです。このパーツをパソコンに組み込んでいなくてもデスクトップパソコンは動きます。なぜかというと、CPUにグラフィックス機能が搭載されているからです。

しかし、CPU搭載のグラフィックス機能は一般的な用途の性能のためグラフィックボードは、3D映像などの高負荷がかかるゲームには必須といっていいほど重要なパーツです。ゲーミングパソコンを買おうと思っている方は、高性能なグラフィックボードを搭載しているデスクトップパソコンをおすすめします。

グラフィックボードの詳しい説明やおすすめメーカーなどは後ほど詳しくブログに載せるつもりなので乞うご期待!

おすすめデスクトップパソコン5選。用途別に紹介

コスパ重視のデスクトップパソコンおすすめモデル

「インテル 入ってる」という言葉が流行った超有名メーカー「intel」が作っているスティック型小型パソコン。スティック型の一番の利点は、サイズと性能だ。持ち運びができる点においてはどのパソコンおいても利便性が高い。この大きさでWi-Fi、Bluetoothがあり、ネット閲覧が出来て値段もかなり安い。どちらかというとビジネス寄りなパソコン。

仕事用デスクトップパソコンおすすめモデル

CMに流れたりするパソコン専門店マウスコンピューター。

マウスコンピューターはBTOパソコン専門で自分好みにカスタマイズできる。このモデルはOSインストール先がSSDなので起動がとても速い。CPUも最新の第9世代が内蔵されているため普段使いや仕事用にベストなパソコンだ。


【公式】 富士通 デスクトップパソコン FMV ESPRIMO FHシリーズ WF1/D1 (Windows 10 Home/23.8型ワイド液晶/Core i7/8GBメモリ/約1TB HDD/スーパーマルチドライブ/Office Home and Business 2019/ホワイト)AZ_WF1D1_Z010/富士通WEB MART専用モデル

日本で有名な富士通が作っている一体型モデル。一体型モデルはパソコンとモニターが一体となっており、設置する場所をとらないため見た目がきれい見えるのが利点。一体型モデルのデメリットは、性能の低さと価格の高さ、寿命の短さにあります。このスペックならBTOパソコンや自作PCですと5~6万円ぐらいですね。それにメモリやSSDの換装が難しいことから、自作PCと比べて修理が難しいため寿命が短いです。

一体型パソコンがおすすめな方は、見た目重視でメイン用途はワードやエクセル、動画視聴などの負荷をかけない人向け。

ゲーミングパソコンおすすめモデル

デスクトップPC(ゲーミングPC【G-Tune】)公式サイトはこちら

G-Tuneは数あるゲーミングパソコンの中でも安く買うことができます。サポートも充実しており、耐久性も非常に高い人気モデル。

ゲーミングPCならGALLERIA  公式サイトはこちら

ドスパラの人気モデル「ガレリアシリーズ」(GALLERIA)。

ガレリアシリーズのいい点はライトユーザーからヘビーユーザーまでユーザーに合ったデスクトップパソコンが選べることで非常に人気のあるモデル。

ドスパラでは通常よりお得な価格で購入できるチャンスが夏・冬のボーナス時期に開催されます!開催時期はブログで報告していこうと思います。

さいごに

それぞれ用途によって紹介させてもらいましたが、自分に合ったパソコンは見つかりましたか?

デスクトップパソコンはボーナス前や年末などの時期に買い時です!デスクトップパソコンを買って良きパソコンライフを!

LINEで送る
Pocket

コメント

  1. Ernest Tim より:

    Hello.This article was extremely interesting, particularly since I was browsing for thoughts on this matter last Saturday.

タイトルとURLをコピーしました