ARM Macのメリットとは?Mac10万以下で買えるようになるかも!?

ARM apple
スポンサーリンク

どうもよしぽんです。
WWDC2020で発表されたAppleの独自CPU「apple silicon」が発表されました。
Appleは、2年かけてARMベースに移行していくと発言しました。
そもそもApple独自のARMベースに移行していくことで何がメリットになるでしょうか?今回の記事ではARMmacについて解説していきます。
この記事を読むことで今後のAppleがどんな風にMac売り出していきたいか理解することができます。
Macを購入しようと思っているけど購入を悩んでいる方にも参考になりますので、ARMmacにはどんなメリットがあるのか理解していきましょう。

スポンサーリンク

AppleがARMベースにMacを移行したい理由

今後、AppleはARMベースのMacに移行していくと発言しましたがそもそもARMとは何か説明したと思います。
ARMとは、ARMホールディングスが設計、開発しているアーキテクチャです。アーキテクチャとは、基本設計や設計思想のことで…。
こんな感じに難しい用語ばかりで頭が混乱してしまうので簡単に説明すると、Appleが独自で開発した処理装置(CPU)です。CPUは、パソコンにとって大事なパーツです。人間に例えると頭脳にあたるものです。

今までのAppleは、Intel製のCPUベースでMacシリーズを開発していました。
Appleに限らず、ほとんどパソコンがintelベースのCPUを採用して開発されています。
ですが、スマートフォンに関してはAppleの独自のARMベースのものが普及していて、iPhoneやiPadなどを動かしている処理装置(CPU)これを「Aチップ、Aシリーズ」と言います。
その一例としてAppleは、今年発表された「A12Z」というチップが搭載されたiPad Proが発売されました。
さて、察しが良い人はここでわかったのではないでしょうか?
MacにもiPhoneやiPadと同じようなCPUを組み込んだMacシリーズを開発しようとしているわけです。それが発表された独自CPU「Apple Silicon」です。
少し長くなったのでまとめると、

  • AppleはARMベースのMacに移行したい
  • iPhoneやiPadで使っているチップをMacシリーズにも使いたい
  • そこで開発されたのがMacに最適化されたのが独自CPU「Apple Silicon」

というのが今回、発表されたARMベースのMacでした。

ARMベースのMacのメリット

それでAppleがARMベースのMacになると何がメリットになるのかは以下の3つにあります。

  • intelの開発に左右されない
  • 自社の独自CPUなので最適化しやすい
  • 今までのバッテリーより長持ちするようになる

というこの3つにあると思いますので、一つずつ解説していきたいと思います。

intelの開発に左右されない(脱intel)

AppleはApple SiliconのようなARMベースになっていく訳ですが、そもそも独自開発に至ったのはCPUがIntelに依存していたためです。そのため、IntelのCPUに合わせたモデルにしないといけないためその分のコストがかかってしまいます。
Macが他のパソコンより価格が高いのか、疑問に思ったことはないでしょか?それは、Intelの技術とAppleの技術を合わせているためその分、コストが掛かってしまうための価格設定になっています。
他にもIntelは最近、開発の進化スピードが落ちています。そのためiphoneやiPadなどは毎年アップグレードされているのに対してMacシリーズは数年前のCPUが最新のMacに搭載されることがありました。
そうなると起きるのが、Mac bookより最新のiPadの方が性能が上になるということが起きます。
それに関してApple自身は避けたいでしょう。そこで年月をかけて開発にして、やっとお披露目された訳ですね。

自社の独自CPUなので最適化しやすい

Intel製CPUからApple独自のCPUに切り替わることでメリットになるのがコストの削減Macの開発がしやすくなることです。
まずコスト削減になる理由としては、Intel製のCPUを使わない
ことですね。最新の発表によるとARMベースに移行すると従来のモデルより50%もコスト削減になるらしいです。
そして、Appleの独自開発になるためモデルに合わせたCPUを開発することでよりスムーズにアップグレードすることになります。
これをMacシリーズに実現することが出来れば、高性能なのに低価格のMacが発売される未来もそう遠くないこもしれないですね!

今までのバッテリーより長持ちするようになる

今までのMac/Mac bookは、高性能なCPUを搭載すると電力をものすごく使いのでその分、バッテリーの消費も激しくなり長い時間の使用ができないのがMac bookの欠点でもありました。
ARMベースにすることで、低電力でパソコンが動かすことできる=今までのMacbookよりはるかに長いバッテリーの持ち時間になることが期待されています。
なのでMac bookを基本的に外で使用する人にとっては朗報ですね!

Macが10万円以下で買える可能性が出できた!

今までのAppleは、アップル製品やMacシリーズは価格が高く、敷居が高い印象でした。
ですが、上記で説明したようにコスト削減や自社の独自CPUをしようすることで価格の見直しがされると思われます。
やはりApple自身が開発することでコスト削減されるのが一番大きく、10万円以下という今までない低価格のMacが登場することが予想されています。
早ければ、来年の2021年モデルにはARM版Macが登場するかもしれませんね。

LINEで送る
Pocket

コメント

タイトルとURLをコピーしました