Apple「WWDC2020」の発表まとめ。MacOS「Big Sur」やiOS14のアップデート内容を紹介!

apple apple
スポンサーリンク

apple「WWDC2020」が日本時間6月23日午前2時に開催されました。発表内容としてはiOS14、iPadOS14、AirPods自動切り替え機能。
MacOS「Big Sur」、ARM搭載Mac(Apple Silicon)発表などソフトウェアの大型アップグレードの発表会でしたね。
今回のWWDC2020の発表内容をまとめてながら、率直な感想と今回の発表されたiOS14やMacOS「Big Sur」、Apple Sliconについて解説していきます。

スポンサーリンク

WWDC2020とは?

WWDC(Worldwide Developers Conference)とは、Appleが技術者や開発者向けに最新技術の説明を行うためのに開催される説明会。
技術者や開発者向けての発表会のため、一般公開されるようなイベントではなかったのですが新製品の初お披露目、発表も含まれているためコンピューター関連の多くの業界関係者やApple好きの熟練ユーザーに注目されるイベントです。
今回のWWDC2020では、新製品の発表ではなくiOSやMacOS等のソフトウェアの最新アップデートの発表会でした。毎年の流れだと新製品の発表は9月ごろになりそうですね。

大規模アップデートでより使いやすくなるiOS14

iOS14が発表されました。そこで発表された主な新機能は、

  • ウィジェットの追加・自由なカスタマイズが可能に
  • アプリを探しやすくなる「App Library」
  • アプリを部分的にインストールすることができる「App Clip」
  • 動画を見ながら他のアプリ操作、ホーム画面に戻ることができる「ピクチャインピクチャ」の追加
  • Siri起動時に今までの全画面モードから横長窓のオーバーレイ表示に
  • 通話やFace Timeの着信も全画面から横長窓のオーバーレイ表示に
  • 翻訳機能を追加
  • 「メッセージ」の重要な相手を最上部に固定されるピン機能の追加
  • iphoneが車のキーになる新機能(BMW5シリーズに限る)


が発表されました。リリース時期は2020年秋ごろに正式リリースらしいです。

iOS14.自由にウィジェットが追加・カスタマイズ可能に!

今までのiOSはウィジェットの拡張性がAndroidに比べるとあまり良くありませんでした。ですが、iOS14ではAndroidのように様々な機能を追加することができるようになり、自由なカスタマイズができるようになります。

  
例えば、天気アプリやよく使うメモアプリなどをホーム画面に自由なサイズで表示させることができるようになります。
他にもビデオを見ながら他のアプリを操作できる「ピクチャインピクチャ」。今ところはappleTVのみの対応だと思われるので、今後のアップデートでYoutube等の動画配信アプリにも対応していくと思います。

iOS14.「App Labrary」で快適にアプリを探しやすくなる

今までのiphoneは、アプリを増やしていくとホーム画面がゴチャゴチャになってしまうのでアプリをグループ化することができるのですが、アプリがどこにいったのか分からなくなることがありました。
そこで、追加されるのが「App Labrary」です。App Labraryは、自動的にすべてのアプリをカテゴリ別に整理してくれるようになります。iphone内の検索でもユーザーがよく使うアプリをSiriなどが学習して提案してくるようになります。
自動的にカテゴリ別にしてくれるのは便利ですね!今までは一つずつ自分で編集しないといけなかったので自分としてはとても良い機能だと思います。

iPadOS14

iPadOS14が発表されました。発表内容での新機能は、

  • Apple Pencilでの手書き入力がテキストに自動変換される「Scribble機能」
  • サイドバーの追加
  • iOS14同様、ウィジェット機能の追加、メッセージのピン機能追加、Siriの強化

が発表されました。リリース時期はiOS14同様に2020年秋ごろに正式リリースらしいです。

iPadOS14.Apple Pencilの手書き入力がすごい!

Apple Pencilは絵描き等のクリエイター向けのタッチペンでしたが、Apple Pencilで書いた文字が自動的にテキストとして変換されるようになります。


便利な機能としては、英語や中国語でもテキスト入力として認識されが可能、住所を書くことでMAPアプリを呼び出せたり、電話番号を書くことで電話を掛けたりすることができるデモが披露されました。
ありそうでなかった機能ですが、このアップデートでApple Pencilの拡張性が上がり需要も高まりそうですね!
面白い機能なのでApple Pencilが欲しくなりました笑

AirPadsに新機能追加!

OSのアップデート情報と一緒にAirPadsの新機能の追加が発表されました。
新機能は、Bluetooth接続デバイスの自動切り替え機能と「Spatial Audio」機能です。
この自動切り替え機能は、iPhoneで音楽を聴いているときにMacbookで動画を再生するとMacbookに自動的に接続され、iPhoneで電話の着信があると自動的にiphoneに切り替わるという機能らしいです。
もう一つのメイン機能として「Spatial Audio」は、「Spatal」の意味が「空間」であることから擬似的なバーチャルサラウンドを実現させる機能らしいです。
バーチャルサラウンド
対応するのが、5.1ch,7.1chらしいです。5.1と7.1chとは簡単に表すと5方向、7方向から音を鳴らすことできる規格で、わかりやすい例えだと映画館の音響と同じということです。
映画館の音って足音とか爆発音とかの臨場感のある音だと思うのですがそれがこの機能で体験することができます。
これはNetflix等の映画コンテンツの臨場感、没入感が高まりそう。
Spatial AudioはAirPods Proのみの実装らしいです。もしかしたら噂されているApple純正のヘッドホン「AirPods Studio」(仮称)に搭載されるのかも?
リリース時期は発表されませんでしたが、今年の秋・冬ごろには提供されると思います。

MacOS「Big Sur」

MacOS「Big sur」は、「MacOS X」登場以来の大型アップデートになるとされています。そこで発表された内容としては、

  • UIのリニューアル
  • iOS/iPadOSと同じようなコントロールセンターがMacOSにも対応
  • Safariが今以上に高速化
  • MAPアプリやメッセージアプリのアップデート

Big SurのUIはiOS/iPadOSに似せてきていますね。コントールセンターの追加やウィジェットがiOS14と似た感じで自由度は高めですね。
後ほどApple Siliconについてにも触れますが、このアップデートはARM Macのため試験的な運用なのでしょうか?

MacOS.UI、デザインがiOS14に近い感じにリニューアル

UIのリニューアルで、iOSと同じコントロールセンターがMacOSに追加されます。通知センターはどちらかというとiPadOSを元にした感じのデザインになっていますね。
アプリが表示されているドッグもデザインがiOSに統一されて丸い形になりました。

MacOS.Safariがchromeより表示速度が50%速くなるらしい

Safariの表示速度高速化をAppleはアピールしていました。Appleによると「頻繁に訪れるサイトはChromeよりも50%高速化を実現した」らしく世界最速のブラウザがされにこうそくかになると強調して発表していました。
他にもタブ表示の大幅な再設計やタブ上にカーソルを置くとページのプレピューが見れるタブプレピューなどさらに快適なWebブラウザを目指していると発表されました。

タブプレピュー
MacOSのデザインは割と好みだったけど、iOSに近づけるならよりiphoneからMacへの移行がしやすくなりますね。

Apple Silicon(ARM Mac)について

Appleが今回のメイントピックとして発表したのがApple独自プロセッサ『Apple Slicon』。現在、発売されているMacはIntel製プロセッサのため今後は2年をかけてApple Silicon搭載のMacへ移行していくらしいです。そこで発表された内容としては、

  • 今までiPhoneやiPad等のスマートフォンアプリをApple Silicon搭載のMacなら動かすことができるらしい
  • 低い消費電力で、高いパフォーマンスが実現可能?
  • GPU(グラフィックス)もApple製で、3Dゲームも高い性能で動かすことができる
  • Apple Silicon搭載のMacは年内にリリース予定。

Apple Siliconについては開発者向けだけあって、内容が難しいです。なのでAppleSiliconについてはまた新しく記事を書きたいと思います。
なので簡潔にはなってしまいますが、やはり注目したいのはMac上で3Dに特化しているゲームが動かすことができるというのは今後、期待する内容ですね。
グラフィックスの話になってしまいますが、RTXレベルは出せないとしてもある程度軽いゲームならMacで出来るようになるのではないでしょうか?
発表会では、「シャドウ オブ ザ トゥームレイダー」がMac上で動かしているデモ映像がありました。比較的重いゲームなのでMac上で動かすことできているのは今までMac中ではかなりの進化ではないでしょか?仮にも動かしている状態で低電力な場合、歴史的な発展だと思います。
Apple Siliconについての詳しい内容はまた後ほど書きますので、今回はこの辺で終わりにしておきます。

まとめ

さて今回のWWDC2020は、新製品の発表はなかったですがApple製ソフトウェアの大規模なアップデートについてやApple Siliconについての発表会でした。
Appleはたった2年でApple Silicon搭載のMacに移行していくと案内するあたりすでに準備が整っていると思われます。
今後のApple Siliconにはintel,AMDなどのプロセッサと一緒に並べるような覇権になって欲しいですね。

WWDCは26日まで開催予定なので大きな発表はないと思いますが、また何か新情報があればなるべく速く情報をお届けしたいと思います。

これからもApple製品、Apple関連のニュースは定期的にお届けします。他にもこのブログではPS5や自作PCなどのガジェット中心に情報を発信していますのでよろしければこれからも継続的なブログを訪れて頂くと嬉しいです。最後までお読みになって頂きありがとうございました。

LINEで送る
Pocket

コメント

タイトルとURLをコピーしました